よくある質問

テンプレート作品の定義

サンプル事例(仮枠ムービー)と同じ・写真枚数・構成・楽曲が定義となります。お写真が1枚増えたら追加料金・・・ではなく、1枚増えるだけで全体の表示秒数がズレこむため、増やせません。(一部汎用性のある作品を除く)

文字種は必ず制作着手の段階でご指定ください。後から変更は出来ません。

一部汎用性のある作品を除く、携帯縦撮り写真に「不向きな」作風が多くあります。トリミングで対応出来ないお写真(素材)の場合、事例と同じクオリティに感じないことがあります。

スライドショー作品の定義

使用する楽曲に対して「シンクロ編集」は行いません。

一般的な動画編集ソフトの定義

HP更新中

最近多い画質について

 「DVDで一生の思い出に…」 なる、キャッチコピーは当社では 絶対に使いません。
DVDは3~5年で必ず 見れなくなります。
DVDは720×480の画素数 昔のブラウン管TVの時代に開発された 記録媒体でとっても画質が悪いです。
※お客様が見ている掲載動画、YouTube動画はフルハイビジョンのサイズです
今は1920×1080 フルハイビジョンの時代です。(4Kは3840×2160)
フルハイビジョンで書き込めるのは ブルーレイしか存在しません 。
DVDが最大5年で見れなくなるのは データが劣化するのではなく、DVD盤がプラスチックで出来ている為 表面が「酸化」して膜を張ってしまい読み取れなくなる為です 。
ブルーレイは寿命100年と言われていますが 100年経っていないので本当か否か…
別途3000円で、データ納品をオススメしております 。
※4Kについて
4Kは確かに画質は良いです
結婚式系のご依頼に多いですが…4Kで撮影などをご依頼されても上映がDVD(720×480)画質ですと、さほど効果、体感は無いと考えます
3840×2160の画素数のデータであってもDVDに焼く際に720×480に圧縮しての書込になります
記録媒体(DVDやブルーレイ)で一般視聴するにはフルハイビジョンで充分です
※4Kに対しての勘違い
4Kでの撮影素材であっても動画として納品、視聴するのはブルーレイの1920×1080画素数が最大です
4Kそのままほ画質では見れません!ハードディスクプレイヤーと勘違いしています
データ納品でUSB機器などで見る場合は可能ですが一般的ではないので割愛します。4K編集は通常の1.5倍の編集料金がかかるので上映目的、視聴目的の場合4Kには、こだわる必要はないと思います。

どのような端末から視聴出来ますか?

一般的にリクエストがない場合、16:9の画面比率で制作いたします。
※ご家庭でのご視聴は一般的な液晶ワイドTVの規格なので問題ありませんが、
 結婚式場では4:3のプロジェクターがある事が多いです。上映サイズは制作前に必ず式場に確認をお願いします。
ガラケーを除き、スマートフォン、ipad、PCなど様々な環境から視聴可能することができます。
ガラケーについても視聴することも出来ますが、全ての機種での動作は保証致しかねますのでご注意ください。
一部、iPhone端末で視聴できない事例がありますが、端末の設定の様です。当社納品の動画ファイル形式はiPhoneに対応しています。
DVDデータ書き出しはオーサリング作業を行っております。一般のDVDプレーヤーで再生できる形式なのでご安心下さい。
※結婚式場等で「持ち込みビデオ」に対する注意は、データ形式のままDVDに焼いている場合です

キャンセル・返品・作品の変更について?

商品の特徴上、オーダーメイド商品のため返品、キャンセルについては受け付けておりませんのでご了承下さい。
制作後、携帯やパソコンで視聴できるURLをお送りしてご確認していただきます。
その際にお客様がご視聴する動画はハイビジョン規格の(1920×1080)ものになります
DVD納品では720×480(ブラウン管TVのイメージ)規格での書き込みになりますので、確認した時より少し劣化したイメージになります
ブルーレイ納品では1920×1080フルハイビジョン規格で書き込めるので、最初にご確認したままの綺麗な映像が残せます。

メッセージに外国語を使うことは?

言語によってご対応できるかどうかが変わります。詳しくは使用予定の言語をお問い合わせ下さい。