結婚式余興ムービー 作り方の注意点

上映会場の画面比率の確認

DVDを上映する際のスクリーン画面の比率(アスペクト比)が「4:3」の場合と「16:9」の二種類があります。
分かりやすいイメージで説明すると、昔のブラウン管TVが4:3。今の液晶薄型TVが16:9になっています。
挙式後ご家庭でもご視聴する事を考え16:9で制作される場合が多いですが、結婚式場では4:3のプロジェクターがある事が多いです。
上映サイズは制作前に必ず式場に確認をお願いします。

お写真について

 お写真の注意事項

◇当社の制作するムービーは基本的に「横撮り」したお写真が最適に表示される仕様になっています。携帯「縦撮り」したお写真は、左右に極端な余白が出来てしまいます。
◇基本的に縦撮りしたお写真は横の4:3か16:9にトリミング加工致します。その際、背景に写っている建物やオブジェが表示されない場合が多いです。
◇イメージ参考は左記動画をご覧ください

★お写真を送る場合、必ずムービーで流す順番通りに送るか、お写真のファイル名を①~③等、わかりやすく変更して下さい。
★スタンダードプランの場合、修正は2回迄とさせていただき、以降別途料金1回(3,000円)が発生いたします。
★フルオーダーの場合、修正は3回。こだわり編集のお客様は「5回」まで無料修正対応致します。
★プリクラ写真はご利用頂けますが、小さいデータを大画面用に引き伸ばすため、画像がザラついた仕上がりになります。
★アナログ写真の場合、お客様でスキャンをかけて頂き、データとして送り頂くか当社宛にご郵送下さい。
 当社でスキャンしデジタルに変換します。お写真は納品時にご一緒に返却致します。

ご自身で余興ムービーを制作する場合

★DVDを焼く際に「DVDメニュー」を入れない・作らない。
式場がタイミングよくDVDを流そうとした際、メニュー画面が表示されてしまっては
それまでの進行イメージが台無しになってしまいます。

★動画の前後に何も写っていない黒い画面を、前5秒・後5秒は必ず入れましょう。
再生機器やPA担当者によって異なりますが、一般的な再生機器は動画が終わるとリピート再生する設定です
感動の余興ムービーが終わったと思ったらスグ、リピート再生で同じ動画の二回目が始まってしまっては
感動の余韻が台無しになってしまいます。

★セーフティーンゾーンを無視しない。
上映サイズギリギリにテロップコメントやお写真の重要とされる箇所を配置すると
再生機器により、おおよそ10%程度上映されない可能性があります
せっかく考えたテロップが画面から切れて読めなかったり
顔半分が切れている状態で上映される可能性があります
ご家庭用のTVでもワイド・ズーム等の切り替えで上映される範囲が切り替えられます
そのイメージを忘れずに動画制作しましょう。

★文字サイズが小さい
ご自身のパソコンで作っている時は文字サイズが気にならなくても
式場のプロジェクターで上映すると、文字サイズが小さくて読めないなんて事があります
また、特殊な文字種(まるもじ系)などは、一見「可愛い」ですが実際にプロジェクター上映となると
見にくく、結局伝えたい想いが読めずじまいで終わってしまいます。

★上映時間が異常に長い
たくさんの思い出のお写真、たくさんの伝えたいメッセージ
その気持ちは分かりますが、ゲストが集中力を切らさず、最後まで見てくれる時間というのは
大体相場が決まっています。1つのプロフィールムービーに3曲を使って制作なんて場合に多いです
新郎様のパートで1曲の「1番のみ使用」 新婦様のパートで1曲の「1番のみ使用」といった感じで
上手く使い分ける事が大切だと考えます。

★お写真やテロップの表示時間
限られた上映時間や使用楽曲に無理やりたくさんの思いを詰め込もうとしても逆効果です
見ているゲストは写真を見る余韻に浸る間もなく次から次に目まぐるしく変わる画面に酔ってしまいます
テロップも同様に読み切る前に次のテロップに切り替わってしまえばストレスが溜まるだけです
考え方は様々ですが当社では、お写真は「7秒~」表示。テロップは「3秒」で読み切れる分量が最適と考えます。

★内輪ネタに走る
結婚披露宴は老若男女、ご両家のゲストが集まる場です
特定のグループにしか分からない内輪ネタで笑いを誘っても、一部の人にしか分からないネタ映像は
他のゲストからしたら、全く面白くもなく興味もない…会場全体が盛り下がることになりかねません
誰が見ても興味深く、面白く、感動できる様な作品になる様に考えましょう。

テロップ(コメント)について

各お写真に載せるコメントは1枚のお写真につき20文字以内でお願いします。
一般的に句読点は結婚式の場合「切れる」「終わる」という意味を連想されるので使いません。

お写真No「○番」に、このテロップと明確にご指示下さい。
スタンダードプランの場合、文字種はゴシック・明朝・まる文字の三種からお選びください。
フルオーダーのお客様は4,000種ある文字種からお写真やイメージに沿う文字種が選べます。
【冒頭タイトル】例 2017.4.1th RYOTA & REIMI werdding reception
【新郎様生い立ち】例 ○年○月○日 ○○家に待望の長男誕生
【新婦様生い立ち】例 千葉県八千代市にて高らかな産声をあげ誕生
【お二人の写真】例 2007年 運命の赤い糸が・・・
【締めの言葉】例 これからも私たちを温かく見守って下さい

上記テロップは必ずお客様ご自身で作成した原稿をLINEにて送り下さい。
誤字、脱字の原因にもなる為、手書き原稿の写メ等はご遠慮ください。

BGMについて

BGMはスタンダードプランの場合変更できません。
オーダーメイド作品の場合、著作権フリー音源をご使用の場合は追加料金は一切かかりません。
市販楽曲使用の場合、新郎様で1曲、新婦様で1曲、お二人の思い出の曲で1曲、計3曲までお選び頂けます。
当社制作事例で多いのが、楽曲の1番で新郎様、2番は新婦様、サビ~大サビでお二人のお写真を流すといったシンプルにまとめた場合が多いです。
市販楽曲の著作権について
近年、結婚式のDVD収録に関するルールが厳格化され市販楽曲を使用する場合、下記の方法で制作しないと上映できない場合があります。
地域によって大きな差があるようですが事前にプランナーさんに必ず「持ち込みDVDはOKか」確認をとって下さい。
その際に、特別な指示がなければ上映可能な場合が多く、著作権の問題を指摘された場合
【1】音入りで制作はしますが、納品版DVDには無音でDVDを制作し、会場で音楽CDと同時に流します。
※この場合は複数曲使用の制作は会場側の都合により出来ません。
市販されているCDの原板(ダウンロード音源不可)をご購入頂く場合があります。
【2】ISUM(アイサム)という音楽著作権を統括する団体があり、当社も登録事業者 加盟しております。
別途申請料(著作隣接権・著作権・システム料)約3,500円前後が必要となります。
データベースに登録されている楽曲なら申請、正規許諾証明シールが発行されCD・DVDなどの複製物に貼付してご利用できます。
市販されているCDの原板(ダウンロード音源不可)をご購入いただき、会場への持ち込みが必須です。
ISUM楽曲データベースはコチラ→ 楽曲データベース

サプライズ動画 結婚式余興ムービー